株式会社タイミーの平均年収は450万円!急成長企業の転職難易度はどれくらい?

SaaS転職

2017年8月に設立し、「働きたい時間」と「働いてほしい時間」をマッチングするスキマバイトサービス「Timee」を提供する株式会社タイミー(以下、タイミー)。


これまでになかった新しいサービスであり、人材不足の業界や週に何時間働かなければいけないといった縛りがないことからサービスの提供開始から現在までに利用者数が増加しており、その注目度の高さから2022年11月に行った資金調達を追加すると、これまでの累計調達額は約273億円となりました。(PR timesより)


本日は、そんなタイミーの特徴や平均年収、転職難易度などをご紹介いたします。最後に現在タイミーで募集している求人もご紹介いたしますので、ぜひ最後までご覧くださいませ!

株式会社タイミーについて

タイミーが掲げるビジョンや手掛けるサービスについて見ていきましょう。

株式会社タイミーのビジョン

タイミーではビジョンを下記のように掲げています。

一人ひとりの時間を豊かに

ビジョンを実現させるために、時間を豊かにする選択肢の一つとして生まれたのが、好きな時間に働けるサービス「Timee(タイミー)」です。


このようなビジョンを立てた背景には、代表の小川社長が尊敬していた祖父の急逝をきっかけに得た「人生の時間は有限である」という教訓があるそうです。

働く」を通じて人生の可能性を広げるインフラをつくる

また、ミッションを上記のように掲げ、時間や場所に制約されない自由な働き方を提供することで、働く環境で多くの人と新しく出会い、様々な経験を積み重ねて人生の価値を広げる足がかりにしてほしいと考えています。


タイミーで働くことを検討されている方は、このビジョンとミッションについて考え、自分なりの意見を持った上で面接に望めるといいでしょう。

株式会社タイミーが手掛けるサービス

現在タイミーでは、スキマバイトサービス「Timee」と合わせて3つのサービスを提供しています。

1つ1つ特徴を見ていきましょう。

スキマバイトサービス「Timee」

面接不要で、「働きたい時間」と「働いてほしい時間」をマッチングする新しい働き方を提供するこちらのサービス。

サービスの提供を開始した2018年より約4年間で、タイミーを経由して働くワーカーの数は400万人を突破しており、現在もその数は増加しています。


利用者は20代の割合が一番多いものの、10代〜50代まで幅広い世代が利用しているサービスで、1ヶ月あたりのワーカーの平均増加数が以前と比較するとここ最近は倍になっていることから、今後も利用者数は増えていくことが期待できます。

地方で働くを体験できるサービス「Timeeトラベル」

Timeeトラベルは、5泊6日や6泊7日などの短期間で、自分が住んでいる地域から離れた場所で働くことが可能なサービスです。

地方の関係人口創出を目的として始められ、地方での仕事や生活を体験したい人と、人手やスキルが欲しい地方の事業者をマッチングしています。


地方創生に繋がるサービスを手がけているとも言えるでしょう。

働く人のための情報サイト「タイミーラボ」

ミッションに関わる「『働く』を通じて人生の可能性を広げるきっかけをつくる」をコンセプトに、働く人へのインタビューや仕事に関するノウハウがまとまった情報サイトです。


リアルな情報がたくさん掲載されていますので、タイミー利用者やアルバイトを探している方々に読まれており、「働く」の選択肢を広げる1つのきっかけになるのではないでしょうか。

株式会社タイミーの特徴

サービスの利用者数も確実に増加しており、資金調達額が273億円を突破するなど今後も期待ができるタイミーですが、タイミーで働くメンバーや会社の雰囲気にはどのような特徴があるのでしょうか?

社員数は739名。平均年齢は30歳と若手世代が活躍中

2017年に設立したタイミーですが、2023年までの約6年間で社員数がすでに739名となっており、2021年から2022年にかけては倍以上に社員数が増加しています。

現在も採用強化中であるため、タイミーへの転職に興味のある方は、今が狙い目かもしれません!


また、男女比は男性:女性が3:2とあまり大きな差はなく、平均年齢は29.8歳と若めです。代表の小川社長が26歳なので年功序列の雰囲気はなく、20代でリーダー候補など、実力があれば昇格・昇給が可能なようです。

中途入社比率は88%!バックグラウンドは様々

ここ3年の中途入社比率の平均は約88%となっており、ルート営業経験者やアパレル経験者などバックグラウンドは様々です。


チームで協力して何かを成し遂げるという風土が強い会社であるため、色々なバックグラウンドのメンバーが集まり、これまでの経験や知識を出し合っているからこそ短期間での確かな成長が出せているのかもしれませんね。

株式会社タイミーの平均年収は450万円ほど

タイミーの平均年収は正確には出ていませんが、タイミーで働くメンバーの給与を見ると450万円ほどと予想されます。

求人票に給与例として26歳のリーダー職で年収500万円〜650万円と記載がありましたので、入社時は400万円台からスタートし、成果を挙げるにつれて昇給していくのでしょう。


転職サービスdodaの平均年収調べによると、30歳の平均年収は407万円であることから、タイミーの平均年収は同じくらいです。


ただ、タイミーは今後伸びていくことが予測できるサービスですので、会社が伸びていけば年収も上がっていくことが期待できます。昇給・昇格は年齢に縛られずに可能な会社ではありますので、会社を伸ばして年収を上げることも非現実的な話ではないでしょう。

株式会社タイミーの職種別年収比較

タイミーの求人を見てみると職種ごとに年収は違うようです。


以下がタイミーの職種別の求人票に掲載されている年収幅です。あくまでも求人票に掲載されている年収幅となります。

職 種年 収
営業300万円〜750万円
エンジニア600万円〜1,500万円
マーケティング600万円〜900万円
バックオフィス500万円〜900万円

こちらを見てみると、やはりどの業界でも募集されているエンジニアなどは年収が高いですね。また、営業はメンバークラスで〜550万円、リーダー候補となると〜750万円と記載がありました。


現在の年収を考慮して入社時の年収を相談することも可能ですので、転職時に年収交渉を行いたいと考えている方は、転職エージェントをご活用ください。


株式会社タイミーが求める人材

タイミーでは、以下のような人材を求めています。

・「一人ひとりの時間を豊かにする」というミッションや、社会貢献性の高い事業に共感してくれる方

・素直さがある方

・謙虚さをお持ちの方


ミッションに基づいたサービスを提供することが多く、また、社員の志を合わせるためにもミッションへの共感度は多くの企業が求めています。


面接の前には、このミッションが掲げられた背景や、自分なりにミッションに対する考えを固めておくといいでしょう。

タイミーの面接で聞かれる内容

タイミーの面接では、以下のような質問をされると予想されます。

・学生時代の就職活動の軸
・その軸を持った上で、なぜ新卒で1社目に入社したのか
・現在の業務内容や、目標を達成するために工夫した点
・今回の転職で叶えたいこと など


自己分析をしっかりと行い、自分自身が働く上でなにを求めているのか、なぜ転職をしようと思い、なぜタイミーを受けたのかをまとめておきましょう。


1人ではなかなか答えが見つからないという場合は、ぜひ転職エージェントを頼ってください。

あなたが言語化できない部分を言語化したり、進められない時には答えに近づけるための質問をしてくれますので、よりスムーズに自己分析を行うことができるでしょう。

株式会タイミーの転職難易度

隙間時間で働けるという革新的なサービスが話題を呼び、ワーカー数は600万人以上、タイミートラベルなど新たなサービスも展開し始めているタイミーへの転職難易度はどれほどなのでしょうか?

転職難易度はそれほど高くない

実は、急成長しているタイミーですが、転職難易度はそれほど高くありません。


応募必須条件として大学卒業以上を提示する企業も多くある中で、短大や専門卒の方も応募可能ですし、これまでの経験者数にも縛りがありません。


実際に、20代でアパレルを3社経験した専門卒の方が活躍されているなど実例もありますので、学歴にコンプレックスがある方や経験社数が人より多いかも…と不安に思っている方もまずは一度選考に進むことをおすすめします。

株式会社タイミーの福利厚生

それでは次に、タイミーの福利厚生を見ていきましょう。

タイミーならではの福利厚生や、チームで協力して業務を行うことを大切にしているタイミーらしい福利厚生が用意されています。

ダブミー

社員がタイミーを利用して働くと報酬が2倍になる制度です。この制度は3ヶ月に1度利用することができ、サービスの理解を深めるために作られたようです。


いつもと違った仕事をすることで気分転換になりますし、しかも報酬を2倍でもらえるのでぜひ利用したい制度ですね!

フレックス勤務制度

タイミーではフレックス制度を導入しています。


コアタイムは12時〜16時となっており、この時間に勤務していれば開始時間は自由となりますので、早い時間に勤務開始して早く帰宅することも可能ですし、その逆も可能です。

※標準勤務時間は10時〜19時となっており、部署によっては勤務時間の指定がある場合もあります。

チームビルディング向けの費用補助制度

チームで協力しながら仕事を進めていくスタイルのタイミーでは、チームビルディングにも力を入れています。


そのチームビルディングを行うことを目的として、タイミーでは社員同士でなにかしら活動を行う際の費用の補助を行う「チービル費用」と、毎週水曜日に希望者を募って行うランチの費用を補助する「ランダムランチ」という2つの福利厚生を設けています。


リモートワークが可能(※)なタイミーですが、このようにチームビルディングを目的とした福利厚生を設けることで、メンバーが一丸となって業務に取り組めるようにしているのですね。

※部署によって違いあり

株式会社タイミーの求人紹介

最後に、タイミーへの転職をご検討されている方に向けて、タイミーで現在募集されている求人を2つご紹介いたします。


前述した通り、タイミーは現在成長途中であるため採用を強化中です。今回ご紹介する求人以外にも様々な職種で募集を行っておりますので、タイミーにご興味のある方はお気軽にご相談くださいませ。


それでは見ていきましょう。

求人紹介①カスタマーサクセス

タイミーのカスタマーサクセスは一般的なカスタマーサクセスとは少し違い、商談による新規受注から既存クライアントのフォローまでを一貫して行います。


そのため、営業と顧客フォローの両方を学ぶことができるポジションです。

仕事内容

新規クライアント企業と商談を行う業務では、マーケティングやインサイドセールスが獲得したアポイントに対してヒアリングを行い課題を特定し、集客の見込みや人件費などのシミュレーションを含めた提案資料を作成いただきます。

その資料をもとに商談を行い、受注した場合は求人の写真や文面などを一緒に考え、初回掲載までのフォローを行っていただきます。


初回掲載までのフォローを行ったあとは、継続利用や他店舗への導入拡大、一拠点あたりの募集人数の増加を目的とした既存クライアントのフォロー業務もお任せいたします。


■具体的な仕事内容

・ヒアリングを行い課題の特定

・タイミーの知見を活かした解決策の検討・資料作成

※集客の見込みや人件費のシミュレーション作成など

・シミュレーションをもとに商談

・初回掲載までのフォロー

・継続利用を目的とした定期的なコンタクト

求める人材

■必須条件

・営業、販売、接客いずれかの経験

・普通自動車運転免許


■歓迎条件

・法人営業の経験

・高い成果を挙げた経験

・大手企業との新規商談からクロージングまでを一人で行った経験


■求める人物像

・課題解決に向け、自ら考え、手を動かすこともできる方

・タイミーのミッション・ビジョンに共感していただける方

・タイミーが大事にしている4つのバリュー(価値観)にフィットする方

求人紹介②インサイドセールス

社内の中でもマーケティングやエンジニア、営業など他部署との連携が多いポジションですので、社内均衡能力が高められます。


また、社内で一番と言っていいほど多くの顧客と話す機会がありますので、様々な業界知識を深めることが可能です。

仕事内容

タイミーの導入企業を増やすために、アウトバウンドコールや展示会に参加し、商談機会を創出していただきます。


現在タイミーでは、従業員数の多い大企業へのタイミーの導入を1つの目標に掲げておりますので、積極的に大企業にアプローチしていくことが求められます。


また、タイミーのインサイドセールスはアポイント獲得をするだけでなく、マーケット状況をいち早くキャッチしマーケティングチームと協力して見込み顧客を増やしたり、受注に行き着くまでのプロセス構築など、顧客の第一接触者として様々な役割をになっていただきます。


■具体的な仕事内容

・大手企業にダイレクトにアプローチを行い商談を創出するアウトバウンドコール

・新しいリード顧客の獲得

・新規注力業界の開拓

・CRMツールを利用した課題分析

求める人材

■必須条件

下記いずれかのご経験を1年以上お持ちの方

・アウトバウンド型/顧客の潜在ニーズを引き出す販売経験

・アウトバウンド型/顧客の潜在ニーズを引き出す営業経験


■歓迎条件

・Hubspot(Salesforce等のCRMツール)の利用経験

・BtoBのアウトバウンドコールの経験と実績

・KPIなどの定量的な指標の向上に従事していた経験


■求める人物像

・目標を達成する為に成果追求をし泥臭く能動的に動くことができる方

・色々な観点から物事を捉えて業務に落とし込むことができる方

株式会社タイミーに転職するには?

いかがでしたでしょうか?

今回は、株式会社タイミーの手がけるサービスや平均年収、福利厚生など幅広くご紹介してまいりました。


これまでになかったサービスであったことや、需要の高いサービスであったことから急成長を遂げているタイミーは、採用を強化していますので、タイミーのビジョンへの共感や面接対策をしっかりと行うことで転職できる可能性は高いです。


SaaS業界に強い転職エージェント『キャリア・エックス』では、これまでに何名ものタイミーへの転職サポート実績がございます。

そのため、タイミーが求める人物像の話や社風のよりリアルな話、また過去の面接内容をもとにした面接対策なども可能ですので、タイミーへの転職をご検討されている方は、ぜひ私たちにご相談くださいませ!


採用強化中の企業多数!SaaS営業 求人特集はこちら

関連記事