SaaSの代表例についてご紹介

SaaS

昨今SaaS(サース)という言葉を耳にする機会が増えたのではないでしょうか。

本記事ではSaaSの基本的な解説から、SaaSの代表例について、用途別にご紹介します。

ぜひ、最後まで読み進めて頂ければ幸いです。

SaaSとは?

SaaS(サース)とは、「Software as a Service」の略称で、直訳すると「サービスとしてのソフトウェア」という意味で、インターネットを通じて利用できるソフトウェアのことです。

従来では、ソフトウェアが入っているCD-ROMを”1つの製品”としてライセンスを購入し、PCにインストールして利用することが主流でした。

しかし、近年SaaSが普及したことで、インターネット経由でクラウドへアクセスし、ソフトウェアをより柔軟に利用できるようになりました。

また、昨今コロナウイルスの感染拡大に伴い、自宅でのテレワークやリモートワークでSaaSが活用されるケースが増えており、注目度が高まっています。

SaaSのより詳しい解説はこちらの記事を御覧ください。

SaaSの代表例

以下では、用途別に代表的なSaaSをピックアップしてご紹介していきます。

チャットツール

Slack

Slack(スラック)は、アメリカ発のビジネスチャットツールです。

世界中の企業が導入しており、場所を選ばずにチャットをできるのが最大のメリットです。

先程紹介したChatworkと基本的な機能は共通する部分が多いですが、Slackはカスタマイズ性が高く、様々な機能を実装できる点が特徴です。

IT企業を中心に導入が拡大しており、特にエンジニアに人気のチャットツールです。

企業によってはChatWorkとSlackを部署ごとに分けて、導入しているケースもあるようです。

Chatwork

Chatwork(チャットワーク)は、国内利用ナンバーワンのビジネスチャットツールです。

2022年時点で、Chatworkを導入した企業は33万6,000社を突破しています。日本製のチャットツールなので日本語でのサポートはもちろんのこと、日本人が見やすく使いやすいデザインになっています。

サイバーエージェントやKDDIなどの大手IT企業もChatworkを導入しています。

無料で使うことも可能ですが、400円のパーソナルプランでは、グループチャット数が無制限になるため、大規模な組織では有料プランが利用されています。

LINE WORKS

LINE WORKSは、皆さんお馴染みの「LINE」を元に開発されたチャットツールです。

LINEの操作性や使いやすさを踏襲し、LINEにはないビジネス要素(掲示板やカレンダー機能など)を兼ね備えている点が特徴です。

明治安田生命やみずほ銀行などの大手企業から、大学病院・地方自治体まで様々な業種や団体で活用されています。

ウェブ会議

Zoom

Zoom(ズーム)は、ビデオ会議、オンライン会議、チャット、モバイルコーポレーションを組み合わせたweb上でのコミュニケーションソフトウェアです。

コロナウイルス感染症対策により、多くの教育機関や企業がZoomを使ったオンライン授業や会議に切り替えたことによって、全世界で爆発的にユーザー数が増えました。

無料でも利用できるため、ビジネスのみならずプライベートでの利用も盛んなサービスです。

Google Meet

Google Meet(旧称 Hangouts Meet)は、Google社が提供するビデオ会議ツールです。

GoogleカレンダーやGmailと連携しており、日頃からGoogleサービスを利用している方とは、相性が良く、ストレスなくシームレスに活用することができます。

Microsoft Teams

Teamsは、Microsoft社が運営するコミュニケーションツールです。

WordやEXCEL・PowerPointといったOfficeとの連携が簡単に行える点が特徴で、共同編集等が可能です。

普段Officeを活用している企業には、ピッタリのウェブ会議ツールです。

SFA(営業支援システム)

Salesforce

Salesforce(セールスフォース)は、企業と顧客をつなぐ顧客管理ソリューションで、全世界15万社以上で利用されています。

顧客管理や売上予測・リードナーチャリング・ダッシュボードなど、様々な機能が用意されており、企業の営業・マーケティング活動を支援するCRMツールとなっています。

kinton

kinton(キントーン)は、サイボウズ社が提供するクラウド型の業務改善プラットフォームです。

EXCELやメールなどバラバラになっているデータを一元管理し、可視化することが可能です。豊富なAPIやプラグインも用意されており、より便利に使いやすい形へとカスタマイズすることもできます。

kintoneを活用している企業は、20,000社にのぼります。

Sansan

Sansanは、顧客管理や営業リスト作成・顧客へのアプローチなど営業を効率化するための支援ツールです。

他にも請求書やセミナー・契約業務などをオンラインで一元管理するサービスも提供しており、企業のDXを推進しています。

現在、様々な業界・業種で活用されており、約8,000社の利用実績を誇ります。

bellFace

bellFace(ベルフェイス)は、非対面営業をオンラインで効率化するために開発された国内シェアNo.1のオンライン営業システムです。

面倒な準備は不要でかんたんに接続できたり、トークスクリプト機能など商談やプレゼンを便利に行うための機能を数多く兼ね備えています。

サービス開始からわずか5年で3,000社以上の企業で導入されています。

会計ソフト

freee会計

freeeは、無料で利用できる国内最大手のクラウド会計ソフトです。

個人事業主や中小企業を中心に数多くの事業者に利用されており、2022年3月現在では有料課金ユーザー企業数は31万事業者、クラウド会計シェアは55%を占めています。

また、会計ソフトによる経理業務の効率化支援以外にも、人事労務向けのプロダクトや会社設立・開業支援など周辺領域で幾つものサービスを展開しています。

マネーフォワード クラウド

マネーフォワード クラウドは、資産管理アプリマネーフォワードMEを運営する企業で開発されたクラウド会計ソフトです。

freeeよりも後発ではありますが、顧客目線でのサービス開発で信頼を獲得し、今では数多くの導入実績を誇っています。

機能面では他クラウド会計ソフトと似ている部分が多いですが、料金体系や事業規模・使い方によって若干の違いがあります。

弥生オンライン

弥生オンラインは、最も多く利用されているクラウド会計ソフトです。

MM総研のクラウド会計ソフトの利用状況調査(2020年4月末)では、クラウド会計ソフトの事業者別シェアでは弥生が56.7%、freeeが21.1%と公表されていました。※

※出典:クラウド会計ソフトの利用状況調査(2020年4月末)

元々は会計ソフトでインストール型のパッケージソフトウェアでしたが、時代の変化に合わせてクラウド会計ソフトにも対応し、利用シェアNo.1のサービスとなっています。

RAKUS CLOUD SERVICE

RAKUS CLOUD SERVICEは、ラクス社が運営する経費精算や請求書発行・従業員管理などのバックオフィス業務等からマーケティングまで様々な業務を効率化するクラウドサービスです。(会計ソフトではありませんが、経理部門を支援するサービスということで、こちらのカテゴリに分類しました。)

国内累計導入数No.1の楽々精算や楽々明細・楽々労務など複数のサービスを展開しています。

業務改善プラットフォームの「kintone」は、開発の知識がなくても自社の業務に合わせたシステムを簡単に構築できるサービスです。

例えば、顧客管理、交通費申請、お弁当注文、セミナー管理など幅広い業務に対応可能です。

また、「Garoon」は、中堅・大規模組織向けグループウェアで国内5,400社、利用者数260万人を超えると言われています。

HRテック(採用・育成・評価・配置・労務等の人事領域)

SmartHR

SmartHR(スマートHR)は、人事・労務の業務を効率化するクラウドサービスです。

例えば、入社手続きや雇用契約・従業員名簿・年末調整などをペーパーレスで一元管理することができます。

登録社数は4万社以上、労務管理クラウド4年連続シェアNo.1を誇っています。

カオナビ

カオナビは、人事採用業務を効率化従業員の個性・才能を発掘し、戦略人事を加速させるするタレントマネジメントシステムです。

人材情報を可視化し、人事評価やスキル管理・人材配置シミュレーションなど人事部門が抱える様々な課題解決に活用されています。

タレントマネジメントシステムではシェアNo.1、利用企業社数は約2,000社にのぼります。

HRMOS

HRMOS(ハーモス)は、ハイクラス転職でお馴染みのビズリーチ社が運営する採用管理クラウドシステムです。

選考管理や求人管理・エージェント管理など採用業務で発生するあらゆる業務に対応し、サポートしています。

また、HRMOSでは、採用管理だけでなく、タレントマネジメントや勤怠管理システムも展開しています。

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

本記事ではSaaSの代表例について、カテゴリごとに様々なサービスをご紹介しました。

こちらの記事では、国内で注目されているSaas系企業について紹介していますので、合わせてぜひ御覧ください。

弊社は、SaaS業界に精通している転職エージェントです。元SaaS出身のコンサルタントも数名在籍しており、経験者の転職のみならず、未経験からのSaaS業界への転職を多数支援しています。

ご興味ある方は以下よりお気軽にご相談ください。

関連記事