30代で年収1000万円を超える方法

コラム

30代で年収1000万円を越えたい!

「30代で年収1000万円を越えたい!」というお話を、20代の方からよく聞きます。とはいえ、30代で目指すのは並大抵のことではありません。本気で目指すにはどんなふうにキャリア形成していけばいいのか、ポイントをご紹介します。

なぜそんなに収入を得たいのか、モチベーション源の確認を

1000万円以上の年収を得ている人は、全年代の1割にも達していません。そこを目指す覚悟を持っているのか、1000万円を超えたいというモチベーションはどこにあるのかということはまず確認したいところです。

面談をしていても「1000万円を超えたい」という方はいらっしゃいますが、動機は「高い車に乗りたいから」「旅行にたくさん行きたいから」「ひとり親家庭出身で何をするにもお金がなく、学校も公立しか選択肢にできなかった。自分の子どもには同じ経験をさせてくないから、ちゃんと稼いで子どもの選択肢を増やしたい」など、さまざまです。本当に継続して1000万円稼ぎ続ける必要性があるのかや、覚悟・モチベーションがあるのかはよく考えてください。

本気で目指すときに考えたい2つの観点

その上で、本当に目指したいという方には、次の2つの観点から今後のキャリアプランを練ることをおすすめします。

1.スペシャリストの道をいくか、ゼネラリストとしてマネジメントの道をいくか

気合と根性だけで年収1000万円は超えられません。スペシャリストとして特定の領域で「この人にしかできない」という強みを持っているか、ゼネラリストとしてマネジメントスキルを磨いていなければ、わざわざ1000万円以上払って採用されることはなく、平均年収と同等の給与を支払われる働き方にしかなりません。

もし、スペシャリストとしてキャリアを重ね、年収1000万円以上を狙いたいけれど、今はまだスペシャリティを持っていないという場合、まずは一度、スペシャリティを身につけられる企業に転職しましょう。

スペシャリストに次ぐもう1つの選択肢が、マネジメントスキルを持ったゼネラリストの道をいくことですが、その背景にはRPAやAIなどによる業務の自動化・効率化の進展があります。自動化によって人が行う仕事は今後さらに減っていったとき、必要となってくるのが、手を動かす人たちを管理し、人と自動化された仕組みとを組み合わせてパフォーマンスを上げるための戦略を練り、推進していくことのできる人です。現場で働く人たちをいかにしてまとめて、事業を推進していけるかというスキルは、今後高年収を得ていく上でいっそう求められます。

2.実力主義の企業を選ぶ

年収1000万円というのは、大手企業では40代・50代で得られる額です。それを30代で目指す時点で、選ぶべきは大手企業ではなく、外資系企業や目がベンチャーなど、実力次第で上を目指せる企業です。

また、今、人材市場においてITエンジニアがお金を出してでも採用したい職種であるように、年収は人材市場における需要などとも連動しやすいので、今後伸びる市場がどこか、必要とされる職種は何か、といったところを見極めることも重要です。

なお、培った人脈・スキルを使って、起業する、フリーランスで働く、今の仕事をしながら副業で数百万円稼ぐなどの方法もありますが、いずれも難度の高い方法です。

当社にご相談いただければ、いつまでに1000万円を超えたいのか、そのためにスペシャリストとゼネラリスト、どちらの方向でキャリア形成していきたいのか、そのためにどのような段階を踏んでスキルをつけていくべきか、それが実現できる企業はどこかといったことを、ご自身の自己分析に伴走しながら一緒に考えさせていただきます。また、高年収の求人も扱っているので、本気で目指したい方はぜひご相談いただければと思います。

鈴木 圭一

福島で生まれ育ち、学生時代に上京、スタイリストから広告営業.マネジメント職。
そして現在はキャリアコンサルタント。
私自身、転職を通じて、業界/職種/地域、全てを変えて、キャリアを積み重ねてきました。
だからこそ、皆さんも、自分の人生に欲張りになっていただきたいですし、私も最後まで決して諦めず、ご一緒に伴走したいと思っています。最高の転職になるよう、サポートさせて頂きます!
24時間、365日営業中です 笑

関連記事