成功につながる!Web/オンライン面接のポイント10

面接中、面接終了後のポイント

ポイント9:あいさつは、あえて深々と頭を下げる!
画面越しとはいえ、れっきとした面接なので、開始時には「よろしくお願いいたします」、終了時には「ありがとうございました」とあいさつを忘れずに。
そのとき、あえて深々と頭を下げると、間ができやすいWeb面接において好印象です! 礼は忘れがちですが、面接会場が自宅なだけで、あとはすべて対面での面接と同じ。丁寧な礼とあいさつで、接続を切るまで気を抜かないようにしましょう。
ポイント10:「カメラ目線」は自然な感じで
「自然なカメラ目線」というのはなかなか難しいものですが、カメラを直視し続けるわけでもなく、まったく視線を合わせないわけでもない形で、ほどよいバランスでカメラと画面に視線を向けましょう。事前に映り方を確認しておくのもオススメです。

画面越しと言えど、面接は面接。Web面接特有の注意点に気をつけつつ、対面時と同じように基本的なマナーを押さえて臨みましょう。

限られた時間の中で、自分という商品をプレゼンテーションする場が「面接」です。
弊社では、面接前に模擬面接を実施させていただきますが(受験企業や進捗状況に応じます)、リハーサルをしておくことで、本番で慌てることなく、持っている力を十分発揮して頂けるのではないかと思います。
また、本命企業の面接は一番最初にはもってきません。
第2志望、第3志望の企業の面接から受けていき、少しずつ面接慣れをしていきましょう。
WEB/オンライン面接も、場数を重ねることで、確実に「面接力」を高めることができます。
1

2

東海林 浩樹

前職リクルート時代、採用チーム責任者として約3000人の面接を経験。
様々な人生と向き合わせて頂く中で、「その一個人の人生において、よりよい機会を提供していけるか」が全ての一歩だと確信しました。転職するしないに関わらず、「ご自身が気づいていない強み」「生きるエネルギーの源泉」を発掘することを私の使命と捉え、皆様にとって、気軽にご相談できるパートナーでありたいと考えております。

関連記事