大手→ベンチャー、法人営業→個人営業、ウエディング事業→人材事業と大きく転身。

新卒で4年間働いたメディア系企業から、業種も、顧客も、事業も異なるキャリア・エックスに転職した板野。「満足度の高い転職ができた」と自負する要因とその経験を生かした転職支援の姿勢とは。

チェンジのきっかけ

「裁量を広げ、スキルを高められる環境は外にある」。
中途社員との出会いから気づいた自らの可能性

結果を出し続けた新卒時代

板野が新卒で入社したのは、株式会社マイナビ。
新規事業として立ち上げの最中にあった結婚式情報サイト「マイナビウエディング」の法人営業部門に配属され、大手ジュエリー会社を中心に担当。「誰よりも頑張る」という思いで成果を上げることに邁進し、1年目には新人賞を受賞、首都圏から他地域への拡販時にはチームリーダーも務めた。

そうした日々、目の前の仕事に向き合って成果を出し続け、気づけば3年目に。そこで出会ったのが、当時、部署では珍しかった中途入社の社員だった。

成長のスピードに疑問、そして転職へ

「当時、マイナビは新卒入社からキャリアを重ねている人が大多数だったので、文化も価値観も異なる他社から来た人の視点はすごく新鮮でした。複数の企業で働いた経験から『ここで成果を出せているのだから、1社完結のキャリアはもったいない。よりよい環境を求めて挑戦してみてもいいのでは』などとアドバイスを受け、自分の市場価値について考えたり、会社や仕事を一歩引いて見たりするようになったんです」

すると、これまで楽しく感じていた仕事内容や社風に疑問を抱くようになったという。

「新規事業といえども、先行する競合他社のサービス以上の新しいチャレンジが難しい状況にあることなどから、このままこの会社にいても成長のスピードは上げられないのでは?と感じたんです。それなら、より自分の裁量を広げたり、スキルを高めたりできる場所に行こうと転職を決意しました」

1

2 3