「環境を変えたい」と転職を考えている若手社会人の方へ

コラム 宮内

動機からの転職注意点

今、私が担当する転職相談には、新卒就職後3年以内の方からの相談が増えています。そのうち、多くの方が抱いているのが「今いる会社・仕事から脱したい/環境を変えたい」という思い。ただ、これらの動機から転職を考える場合、注意したいことがあります。

成果を出した上で、次のステップに進むという意識を

転職相談をされる新卒就職から1〜3年くらいの方の中には、「現状が嫌」「現状から抜け出したい」など、ネガティブな理由から転職を希望される方が多く見られます。例えば、「新卒就活時に希望どおりの仕事に就けなかったけれど、とりあえず1年頑張ったから次に行きたい」「志望度がそれほど高くない企業に入って営業をやってきてもう限界。マーケティングや人事の求人で未経験OKのものに応募したい」など…。

気持ちはわかりますが、現実は厳しいもので、何も成果を出していない状態で転職活動をするのは、かなり険しい道です。もちろん、社会人歴が短いと転職ができないというわけではなく、求人自体はあるにはあります。ただ、キャリアを中長期的に考えるなら、今の仕事か、もしくは次に選ぶ仕事において「成果を出す」というところにぜひこだわってほしいと思います。

というのは、転職市場における求人は、基本的には即戦力を求めるものですから、何も成果を出せていない人は、なかなか評価されません。ましてや、未経験からのキャリアチェンジを希望するのであればなおさらです。例えば、人事やマーケティングの求人の場合、ごくたまに未経験OKというものがありますが、「法人営業経験3年以上で、何かしらの成果を出してきた人」が条件になっていたりします。

したがって、現職で自分なりに考え、工夫して何かしらの結果を出す、他の人がやらないことを頑張る、といった積み重ねをもうしばらく続けてみる。あるいは、望む条件・仕事につくためのステップとして、たとえ収入が下がるとしても成果が求められる環境がある企業に一旦転職してそこでがむしゃらに頑張ってみる。今、営業の仕事がうまくいっていないなら、商材や業界を変えて成果を出すことに再チャレンジする(商材や業界が変われば手法も変わるため、より自分にマッチした営業の仕事につけば結果が変わるかもしれません)など、望む環境・キャリアをめざすために、一踏ん張りして成果を出す、というふうにぜひ切り替えいただきたいと思います。

【今すぐ】転職相談

1

2
宮内 里沙

初めての転職やキャリアチェンジは、とても不安なことが多いと思います。また、転職理由も人それぞれ。ネガティブな理由で転職を考えてる方もいらっしゃるかと思います。
仕事だけでなく、プライベート踏まえ「どんな人生を歩まれたいのか」を面談の際にしっかりお伺いさせて頂いた上で、転職すべきか否か、アドバイスをさせて頂きます。
また、ご希望の転職が叶いますよう、約10年間の人材業界での経験を活かし、履歴書や職務経歴書の作成・添削、選考前の面接対策も、しっかりとサポートさせて頂きます。

関連記事