今日からできる!5年後のありたい姿「キャリアコンセプト」の見つけ方

コラム 東海林

5年後の キャリアコンセプト

5年後のありたい姿やあるべき状態を言語化した「キャリアコンセプト」。
これを描くことが異業界・異職種へのキャリアチェンジの実現には重要です。今日からできる、キャリアコンセプトの見つけ方を紹介します。

方法1:「大事にしてることってなんだろう?」と自分自身を振り返る

方法1:「大事にしてることってなんだろう?」と自分自身を振り返る

1つ目の方法は、自分の「価値観」「強み」「志向」を整理することです。学生時代からこれまでを、次の3つの観点から振り返ってみましょう。

(1)価値観
充実感を得た経験・仕事/本気で頑張った経験・仕事/うれしかった経験・仕事は何か? また、充実感やうれしさを感じた理由、頑張れた理由は何か?
(2)強み・得意分野
成果を出せた経験・仕事/周囲にほめられた・評価された経験・仕事は何か? また、なぜそれができたのか?どんなスキル・力を行かせたのか?
(3)志向(興味・関心、好き嫌い)
好きな仕事/組織/働き方/テーマ・モノ・分野は? また、なぜ好きなのか?具体的にどこに興味があるのか?

これらを整理することで、これからやりたいことや生かしたい強みが少しずつ見えてきます。それを言語化していきましょう。一人で振り返るだけでなく、周囲からフィードバックをもらうのもおすすめです。

方法2:未来から逆算! 1年後の今日の日記をつけてみる!?

方法2:未来から逆算! 1年後の今日の日記をつけてみる!?

2つめの方法は、5〜10年後の「ありたい姿」を具体的に描くことです。とくに、周りの人にとってどのような存在になりたいか、また、どのような関係性でありたいかを考えていくとよいでしょう。

例えば、次の方法で考えるのがオススメです。

・ロールモデルを探す
同僚や上司、友人の「かっこいい要素」や、著名人の「あこがれる生き方」を書き出す
・1年後の理想の1日を書き出す
朝起きてから寝るまでの理想の1日をリアルな物語に書き出し、その理想を現実にするための今日からの行動計画を練る

【今すぐ】転職相談

1

2
東海林 浩樹

前職リクルート時代、採用チーム責任者として約3000人の面接を経験。
様々な人生と向き合わせて頂く中で、「その一個人の人生において、よりよい機会を提供していけるか」が全ての一歩だと確信しました。転職するしないに関わらず、「ご自身が気づいていない強み」「生きるエネルギーの源泉」を発掘することを私の使命と捉え、皆様にとって、気軽にご相談できるパートナーでありたいと考えております。

関連記事