100あった求人が30に減少!積極採用企業はどこだ? コロナ禍の転職市場動向(2020年7月時点)

コラム 東海林

2020年7月の転職市場 | 最新動向

新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、転職市場は売り手市場から買い手市場に様変わりしました。どんな業種・企業が採用を抑制し、あるいは、積極採用しているのか、2020年7月時点での最新動向をお届けします。

転職市場は、売り手市場から買い手市場に変化

転職市場全体を見ると、厚生労働省による有効求人倍率(季節調整値)の最新データは、2020年5月の1.20倍。2019年12月までの約2年間は1.60倍前後で推移していましたが、2020年1月に1.49倍となり、それ以降、低下し続けています。また、有効求人数も減少傾向にあり、売り手市場から買い手市場に劇的に変化した状況です。そして、この状況はしばらく続くと私たちは見ています。

ただし、業種や事業内容によって、採用を抑制しているところもあれば、この状況をチャンスととらえて積極採用をしている企業もあります。

●採用を抑制、または一時休止している企業が多く見られる業種
・観光、ホテル、航空など、インバウンド需要を見込んでいた業界
・小売、飲食、イベント、エンタテインメントなど、人が集まることでビジネスが成り立つ業界
・海外に製造拠点があるメーカー(自動車、電機、半導体など)
・上記の業種を顧客とする企業群
●現在でも、積極的に採用を行っている業種・企業
・介護、看護、物流など、慢性的に人手が不足している業界
・IT、情報通信、アウトソーシング、インターネット関連企業など、テレワークやデジタルトランスフォーメーションの支援にかかわる業種・企業
・業務支援系Saas、デジタルマーケティング、EC事業など、成長分野の事業を行うベンチャー企業

DX関連企業は、コロナ禍の状況が追い風に!

積極採用企業として目立つのは、デジタルトランスフォーメーション(DX)関連企業です。ほぼ全産業において、DXニーズが高まっています。少し具体例をあげます。

●EdTech関連企業
ITを活用したオンライン教育、さらにはAIを活用したパーソナライズ学習、アダプティブラーニングの普及が一気に進んでいることを受け、前年比400%の売上を達成しているEdTech企業も。採用を強化する企業が多く見られます。
●遠隔医療、ヘルステック関連企業
こちらも、IT活用、オンライン化の波により成長著しく、積極的な採用が行われています。
●巣ごもり消費にかかわる企業
EC事業関連業種など、コロナ禍で外出が難しくなった消費者の日常を支えるサービスへのニーズが高まっています。
●働き方改革、HRTech、セールスマーケティングTech関連企業
オフィスへの出社からテレワークへの移行、さらには、メンバーシップ型雇用からジョブ型雇用への移行の動きを受け、これらの企業のへのニーズも高まっています。

【今すぐ】転職相談

1

2

関連記事