【転職の新常識】転職を考えたらまずやるべきことは「異動の申し出」だった。その理由は?

コラム

日本においても昨今、転職に対するネガティブなイメージも払拭されつつあり、若い世代を中心に転職への抵抗感が下がりつつあります。エージェント事業を行っている当社においても、転職相談に気軽に問い合わせて頂くことは多いです。転職に関する情報を手軽に収集できることもあり、個人のキャリアに悩んだ際に選択肢の一番に思いつくのが「転職」になっているように思います。

キャリアに悩んだらまず異動を考えるべき、2つの理由

異動相談することで希望のキャリアを築ける

1つ目は、異動を相談することで、実際に社内で希望のキャリアを築けるようになることがあるからです。

企業にとって、優秀な人材が外部に流出してしまうのは防ぎたいものですし、社内で活躍の場を提供するのは企業の責任でもあるのです。

近年「職業能力開発促進法」が改定され、第11条、第12条において、次のような規定がされました。

「事業主は、雇用する労働者の職業能力の 開発・向上が段階的かつ体系的に行われることを促進するため、「事業内職業能力開発計画」 を作成するとともに、その実施に関する業務を行う「職業能力開発推進者」を選任するよう努 めること」

https://www.mhlw.go.jp/content/11800000/000369235.pdf

つまり企業、事業主には、社員へのキャリアコンサルティングの機会の提供が義務付けられたのです。なお、「職業能力開発推進者」には「キャリアコンサルタント(国家資格)」を保有する者から選ぶことになっており、社員はいつでも相談することができます。(筆者もこの資格を保有)

実際の異動の事例については、別コラムで紹介しています。

自己分析に繋がる

2つ目は、異動を考えること自体が「自己分析」になるからです。

これからのキャリアを考える上で、「自己分析」は欠かせません。今までの経験・スキルを棚卸しし、自社の別部門で活かせるかを考えたり、何が足りないかを考えることで、自分の市場価値を客観的に考える良いきっかけになります。(新卒入社後にありがちなケースですが、もし、社内でまだ成果を上げられていないならば、転職において通用できるものは少ないと捉えることも必要です)

自己分析については、職務経歴書を書く、ツールを利用するなど様々な方法がありますが、忘れてはいけないことは、「何がやりたいか」「どうなりたいか」を明らかにしていくことです。

これについては、弊社でもキャリアプランの相談を行っているので、気軽に問い合わせてください。


キャリアの相談をしてみる

赤峰 麻理亜

大学では心理学を専攻し、2年次から企業の説明会やインターンに参加。就職活動を通じて、仕事を求める側と企業側の立場が対等でないことや、Web上の情報と会社の実態にギャップがあることに社会課題を感じ、それを解決するため「人と企業をつなぐ」人材紹介の仕事を選択。

企業と候補者を両方担当することに本質的な意義があると考え、求人開拓からハンティング、マッチング、入社後もフォローをする一気通貫コンサルタントとして実績を重ね、コンサルティングの専門性を高めるため産業カウンセラーおよびキャリアコンサルタントの資格を取得。
実績を評価され自社の中途採用、新卒採用、上場準備を任され、コンプライアンス普及活動に従事した。(その後東証一部に上場)

リーマンショックを機に、成長業界であるIT業界に転職。大手インターネット企業で採用、研修、配属や異動に携わる。新入社員の「リアリティー・ショック(※)」をフォローするために、配属や異動に関わる相談ができる仕組み作りや、入社3年目までを継続的にフォローする研修、目標管理制度を立ち上げ、実行。更に研修講師として、交流分析士の資格を活かしたビジネスコミュニケーション研修を新規に立ち上げ、全社員に実施。

出産後、キャリア・エックスのビジョンである「入社後活躍の支援」に共感し参画。二児の母。

関連記事